医療法人社団 萌生会 ひとみクリニック
TEL:03-3654-7571
新小岩駅南口より徒歩3分
医療法人社団 萌生会 小岩ひとみクリニック
TEL:03-3654-7571
小岩駅南口より徒歩3分

パニック障害

新小岩、小岩、ひとみクリニック、精神科、心療内科、デイケア、うつ病、統合失調症、パニック障害、睡眠障害、 社会不安障害、認知症

Mobile Site
HOME»  パニック障害

パニック障害について

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈、震え、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病期です。
この発作は「パニック発作」といわれ10分位から長くても1時間以内には治まります。初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に救急受診することもありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図をしても異常は見られず、時には気の所為などと言われることもあります。
パニック障害の特徴は検査をしても身体的な異常は見当たらないのに、パニック発作を繰り返すことです。
そして、 パニック発作が繰り返されるうちに発作に襲われることに対する「予期不安」や発作が生じる状況に対する「広場恐怖」を感じるようになり、毎日の生活に支障をきたすようになってしまいます。
原因は今のところまだハッキリしていないところも多くあります。
しかし、これまでの研究から、パニック障害は気持ちの持ち方ではなく、脳内の不安に関する神経系の機能異常に関連していることが分かっています。

治療方法

薬や心理社会的な介入による新しい治療方法が普及し、社会参加を目指したリハビリテーションも進歩しています。早期、あるいは病気にあった治療を行うことによって、今では多くの患者さんが回復し、社会参加しています。

薬物療法

一般に「パニック発作」を起こさせなくするために、最初に使われる薬はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)をはじめとする、抗うつ薬と抗不安薬の一種である、ベンゾジアゼピン系薬剤です。

精神療法的アプローチ

パニック障害では、薬物治療に加えて精神療法の併用が重要です。とくに、認知行動療法という治療法は、薬による治療と同じくらいパニック障害に治療効果があると認められています。薬が効き始めて発作が起こらなくなってきたら、苦手だった外出などに少しずつ挑戦することも治療の一環になります。

PageTop